蟻(あり) 三夏

【子季語】
山蟻、女王蟻、雄蟻、大蟻、蟻の道、蟻の列、蟻の塔、蟻塚
【解説】
夏の間、集団で食料を集める働き者の小さな虫。甘いものや昆虫の死骸などに群がる。家の中にも入り込んでくる。
【文学での言及】
イソップ物語「アリとキリギリス」
【実証的見解】
ハチ目アリ科に属する昆虫の総称である。体長は一ミリから三センチくらい。胸部と腹部の間にくびれを持つ。雌で生殖能力のある女王蟻と雄蟻、生殖能力のない雌の働き蟻とで社会生活を営む。体色は黒いものが多いが、褐色や赤色などの種類もある。繁殖行動を行う雄蟻と女王蟻は翅をもつ。地中や腐った幹に巣を作る。

*

蟻の道雲の峰よりつづきけん
一茶 「おらが春」

樹肌わたる蟻に早やある暮色かな
原石鼎 「原石鼎全句集」

南風や生れつ失せつ蟻の城
芝不器男 「芝不器男全句集」

蟻殺すわれを三人の子に見られぬ
加藤楸邨「寒雷」

大蟻の雨をはじきて黒びかり
星野立子「笹目」

山蟻や割れて真赤な桃の幹
長谷川櫂 「天球」

うつくしき翅の浮かめる蟻の列
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。