蝸牛(かたつむり) 三夏

【子季語】
かたつぶり、ででむし、でんでんむし、まいまい
【解説】
渦巻き状の薄い殻、伸縮自在の柔らかな体。二本の角を出し、木や草をゆっくりと這う。梅雨のころによく見られる。童謡などにも唄われる。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【実証的見解】
マイマイ目陸生有肺類の巻貝の総称。渦巻状の殻を背負い、頭には二本の触角がある。その触角の長いほうの先端が目の役割をする。雌雄同体で地中に卵を産む。湿気を好み木や草に張りついて若葉などを食う。冬には冬眠する。

*

かたつぶり角ふりわけよ須磨明石
芭蕉 「猿蓑」

白露や角に目を持つかたつぶり
嵐雪 「其便」

ころころと笹こけ落ちし蝸牛
杉風 「続別座敷」

かたつぶりけさとも同じあり所
召波 「春泥発句集」

夕月や大肌ぬいでかたつむり
一茶 「七番日記」

親と見え子と見ゆるありかたつぶり
太祗 「太祗句稿」

蝸牛いつか哀歓を子はかくす
加藤楸邨「颱風眼」

かたつむり甲斐も信濃も雨のなか
飯田龍太 「山の木」

木に草に雨明るしや蝸牛
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。