余花(よか、よくわ) 初夏

【子季語】
若葉の花、青葉の花、夏桜
【関連季語】
残花
【解説】
夏になって若葉の中に咲き残る桜の花をいう。寒い地域や高い山などに見られる。立夏前の桜は残花、立夏後は余花になる。
【来歴】
『俳諧鼻紙袋』(延宝5年、1677年)に所出。
【文学での言及】
夏山の青葉まじりの遅桜はつ花よりもめづらしきかな 藤原盛房『金葉集』

*

餘花もあらぬ子に教へ行神路山
太祇 「太祇句選」

餘花いまだきのふの酒や豆腐汁
召波 「春泥発句集」

風開く南障子や夏桜
調和 「俳林不改集」

上野山餘花を尋ねて吟行す
正岡子規 「子規全集」

余花の雨布団の上の鼓かな
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。