紫陽花(あじさい、あぢさゐ) 仲夏

【子季語】
かたしろぐさ、四葩の花、七変化、刺繍花、瓊花
【関連季語】
額の花
【解説】
日本の梅雨を代表する花。花びらのような四枚の萼の中心に粒状の花をつけ、これが集まって毬を形づくる。ピンク、白、青紫と花種も多く、また色が変わるので「七変化」ともよばれる。庭木や鉢植えとして栽培される。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
飛ぶ蛍ひかり見え行く夕暮にまほ色残る庭にあぢさゐ 衣笠内大臣『夫木和歌抄』
【科学的見解】
紫陽花は、ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木の総称であり、日本在来のガクアジサイやその品種改良種、セイヨウアジサイなど多くのものを含んでいる。日本原産のガクアジサイは、高さ二メートルくらい。葉は長さ十五センチくらいで卵形、対生する。梅雨のころ、枝先に集散状花序を出し、直径十五センチくらいの毬上で、中央に普通花、縁に装飾花をつける。アジサイは、花序全体が装飾花に変化したものである。その他、在来の紫陽花としては、ヤマアジサイ、タマアジサイ、アマチャなどが知られており、ガクアジサイの園芸品種も多数存在する。(藤吉正明記)
*
 
紫陽花や藪を小庭の別座敷
芭蕉 「別座鋪」

紫陽花や帷子時の薄浅黄
芭蕉 「陸奥鵆」

あぢさゐを五器に盛らばや草枕
嵐雪 「杜撰集」

あぢさゐに喪屋の灯うつるなり
暁台 「暁台句集」

あぢさゐや仕舞のつかぬ昼の酒
乙二 「乙二発句集」

紫陽花やはなだにかはるきのふけふ
正岡子規 「子規全集」

紫陽花や白よりいでし浅みどり
渡辺水巴 「水巴句集」

紫陽花に秋冷いたる信濃かな
杉田久女 「杉田久女句集」

あぢさゐに触れて鋏のくもりけり
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。