夏木立(なつこだち) 三夏

【子季語】
夏木、夏木蔭
【関連季語】
木下闇
【解説】
夏、青々と葉を茂らせた木立をいう。生命力みなぎる木々の日陰は、人々にほっと息をつかせる場所である。「夏木立」は数本をさし、一本の木のときは「夏木」という。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
いざ住まむ夏の木立のこのもとにしば青みゆく岡の辺の里 慈鎮和尚『夫木和歌抄』

*

先づ頼む椎の木も有り夏木立
芭蕉 「猿蓑」

木啄も庵は破らず夏木立
芭蕉 「奥の細道」

なつ木立はくやみ山のこしふさげ
芭蕉 「音頭集」

いづこより礫うちけむ夏木立
蕪村 「蕪村句集」

動くともなくて恐ろし夏木立
蕪村 「落日庵句集」

夏木立幻住庵は無かりけり
正岡子規 「春夏秋冬」

コメントは受け付けていません。