青葉(あおば、あをば) 三夏

【子季語】
青葉若葉、青葉山
【関連季語】
若葉
【解説】
おもに落葉樹が青々と茂ったさまをいう。「青葉若葉」というが、若葉がさらに夏の日を浴び、成長して青葉に変わる。初夏の風にさやさやと吹かれていた若葉が、日々勢いよく茂っていく様子は、大自然が 持つ生命力の象徴でもある。
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
【文学での言及】
散りにける花のふるすは木隠れて青葉の山に迷ふ鶯 後一条入道関白『夫木和歌抄』

*

あらたうと青葉若葉の日の光
芭蕉 「奥の細道」

梅の木の心しづかに青葉かな
一茶 「一茶句帖」

前山の青葉かぶさる鯉生簀
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。