若葉(わかば) 初夏

【子季語】
朴若葉、藤若葉、若葉寒
【関連季語】
青葉、草の若葉、茂、新緑、新樹
【解説】
おもに落葉樹の新葉のこと。やわらかく瑞々しい。若葉をもれくる日ざし、若葉が風にそよぐ姿、若葉が雨に濡れるさまなどいずれも美しい。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
かげひたす水さへ色ぞ緑なるよもの梢の同じ若葉に 藤原定家『夫木和歌抄』
【実証的見解】
「青葉」という季語もあるが、季語としては若葉より歴史が浅い。芭蕉がおくの細道の途中、日光で「あらたふと青葉若葉の日の光」と詠んだ当時はまだ青葉は季語ではなかった。「朴若葉」などと柿や椎、樟など樹種を冠して詠んだり、「山若葉」などと里や庭、谷など場所を冠して詠むことも多い。

*

若葉して御めの雫ぬぐはばや
芭蕉 「笈の小文」

又是より若葉一見となりにけり
素堂 「山口素堂句集」

若葉ふく風やたばこのきざみよし
嵐雪 「玄峰集」

若葉吹く風さらさらと鳴りながら
惟然 「惟然坊句集」

不二ひとつうづみ残してわかばかな 
蕪村 「蕪村句集」

絶頂の城たのもしき若葉かな
蕪村 「蕪村句集」

濃く薄く奥ある色や谷若葉
太祇 「太祇句選」

若葉して又もにくまれ榎哉
一茶 「題叢」

雨雲の谷にをさまる若葉かな
正岡子規 「寒山落木」

コメントは受け付けていません。