万緑(ばんりょく) 三夏

【関連季語】
茂、青葉
【解説】
夏の山野をおおう植物の満目の緑をいう。「茂」よりも広範囲な情景である。
【来歴】
王安石の「石榴詩」「万緑叢中紅一点、動人春色 不須多」が出典とされ、中村草田男の「万緑の中や吾子の歯生え初むる」の句によって新季語となる。

*

雲を根に富士は杉なりの茂りかな
芭蕉「続連珠」

篠(ささ)の露袴にかけししげり哉
芭蕉 「後の旅」

万緑の中や吾子の歯生え初むる
中村草田男 「火の島」

万緑やどの道をどう行かうとも
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。