木下闇(こしたやみ) 三夏

kositayami【子季語】
木の下闇、下闇、青葉闇、木の晩、小暮
【関連季語】
緑陰
【解説】
鬱蒼と茂る木立の下の暗がりのこと。昼でも暗く涼しい。夏の強い日差しのもとでは闇のようである。
【来歴】
『俳諧御傘』(慶安4年、1651年)に所出。
【文学での言及】
木の暗の繁き尾の上をほととぎす鳴きて越ゆなり今し来らしも 大伴家持『万葉集』
望月の駒牽く時は逢坂の木の下闇も見えずぞありける 恵慶法師『後拾遺集』

*

須磨寺や吹かぬ笛聞く木下闇
芭蕉 「笈の小文」

霧雨に木の下闇の紙帳かな
嵐雪 「小弓俳諧集」

灰汁桶の蝶のきげんや木下闇
一茶 「文化句帖」

あゆみあゆみあとや見らるる木下闇
千代女 「真蹟」

滝の音四方にこたへて木下闇
蝶衣 「蝶衣句集」

水甕のみづに穴ある青葉闇
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。