緑陰(りょくいん) 三夏

ryokuin2【子季語】
翠蔭
【関連季語】
木下闇
【解説】
夏の日差しのもとのよく繁った木の陰をいう。日差しが強くなってくると緑陰の涼しさは何よりである。緑陰で読書をしたり昼寝をしたり、家族で食卓を囲んだりするのも楽しい。
【来歴】
『纂集歳時記』(大正13年、1924年)に所出。

*

笠で貌ぱつぱつとあふぐ木陰かな
一茶 「九番日記」

幹高く大緑蔭を支へたり
松本たかし 「火明」

緑蔭や矢を獲ては鳴る白き的
竹下しづの女 「はやて」

緑陰をよろこびの影すぎしのみ
飯田龍太 「麓の人」

 

コメントは受け付けていません。