病葉(わくらば) 三夏

【子季語】
【関連季語】
常盤木落葉
【解説】
万緑の中、まるで病めるかのように一、二枚、緑を失った木の葉を見つけることがある。病害虫や風通しの悪さなどが災いする。黄色や褐色に変色し秋でもないのに落葉する。緑陰で拾ったりすることもある。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

わくら葉の落つる間宿る太山(みやま)かな
青蘿 「青蘿発句集」

わくら葉の梢あやまつりんご哉
蕪村 「落日庵句集」

病葉や学問に古る白浴衣
原石鼎 「原石鼎全句集」

コメントは受け付けていません。