常磐木落葉(ときわぎおちば、ときはぎおちば) 初夏

【子季語】
夏落葉、柊落葉、木槲落葉、樅落葉、檜落葉
【関連季語】
松落葉、柏落葉、樫落葉、椎落葉、樟落葉、杉落葉
【解説】
松、杉、樫、椎、樟などの常緑樹のことを常磐木という。これらは初夏の新芽萌える頃に古い葉を徐々に落とす。そのさまは冬の落ち葉と違って人知れず葉を落とす。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【科学的見解】
常緑樹は、一年を通して常に一定の緑葉を持つ樹木のことを指し、日本の常緑樹の多くは、葉の寿命が二年から三年である。中には、葉の寿命が五年から十年程の樹木も存在する。(藤吉正明記)

*

常磐木の散るや母さへその子さへ
嵐雪 「或時集」

山蛙常盤木落葉時しらず
臼田亜浪 「白道」

コメントは受け付けていません。