茨の花(いばらのはな) 初夏

【子季語】
花茨、野薔薇、茨、うばら、野茨
【関連季語】
茨の実
【解説】
野ばらの花のこと。初夏、香りのある白い五弁の小花を多数咲かせる。同じバラ科でも、華やかな薔薇とちがい、清楚で新鮮な野趣がある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【科学的見解】
茨の木は、バラ科バラ属の複数の種を示す言葉であり、代表的な種としてはノイバラ、ヤブイバラ、フジイバラ、テリハノイバラなどが存在する。普通に存在する種はノイバラであり、日本各地の低地や山地に自生し、枝は蔓状に伸びて高さは二メートルくらいになる。枝に棘があり三、四センチほどの卵形の葉は互生する。五月から六月にかけて、枝先の円錐花序に白い芳香のある五弁の花を多数つける。花は直径二センチくらい。(藤吉正明記)

*

花いばら古郷の路に似たるかな
蕪村 「五車反古」

愁ひつつ岡にのぼれば花いばら
蕪村 「蕪村句集」

道のべの低きにほひや茨の花
召波 「春泥発句集」

古郷やよるもさはるも茨の花
一茶 「七番日記」

花茨こみちは草に埋もれけり
長谷川櫂 「富士」

コメントは受け付けていません。