朴の花(ほおのはな、ほほのはな) 初夏

【子季語】
厚朴の花、朴散華
【解説】
初夏、高い朴に咲く九弁の白い大きな花。芳香がある。大きな葉に乗るように咲くので、下から見上げただけでは見えないことが多い。卯の花などとともに、夏の訪れを象徴する花である。
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
【科学的見解】
朴の木(ホオノキ)は、モクレン科モクレン属の落葉高木。日本在来の植物で山地に広く自生する。高さは三十メートルにもなる。楕円形の大きな葉は、枝先に集まって互生する。五月から六月にかけて、枝先に白い芳香のある九弁の花を咲かせる。材は良質であり、漆器や家具材として活用されている。また、大きな葉は、昔から食べ物を盛るのに用いられ、現在では信州の朴葉味噌などの料理に使用されている。(藤吉正明記)

*

食つつむ厚朴にも花の匂ひかな
闌更 「霜のうつり」

一瓣散り一瓣朴のほぐれゆく
河東碧梧桐 「新傾向句集」

朴散華すなはち知れぬ行方かな 
川端茅舎 「定本川端茅舎句集」

朴ひらき大和に花を一つ足す
森澄雄 「游方」

里ぢゆうの水田みゆるや朴の花
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。