楝の花(おうちのはな、あふちのはな) 仲夏

【子季語】花樗、樗の花、栴檀の花、雲見草
【関連季語】
栴檀の実
【解説】
楝は、若葉が繁ったあと淡紫色の小さな花を房状に咲かせる。遠くから仰ぎ見ても美しい花である。「アフチ」は栴檀の古名で、万葉集にもその名を見ることができる。「センダン」は千の珠という意味で、実をびっしりとつけるところからそういわれる。実の核は数珠に利用される。
【文学での言及】
樗咲く北野の芝生五月来ぬ見ざりし人の形見ばかりに 藤原定家『夫木和歌抄』
【科学的見解】
センダンは、センダン科センダン属の落葉高木。四国、九州、沖縄などの暖地の海岸部に自生しており、本州では庭や公園などに植えらている。大きいもので高さ三十メートルにもなる。葉は羽状複葉、小葉は卵形で五センチくらい。五月から六月にかけて、集散花序を出し、淡紫色の小花を多数咲かせる。(藤吉正明記)

*

どむみりと樗や雨の花曇り
芭蕉 「芭蕉翁行状記」

樗咲里にかくるゝ公家は誰 
尚白 「忘梅」

玉桙の道の月夜や花あふち 
来山 「続今宮草」

鮓うりのかざしにとれや花樗
暁台 「暮雨巷句集」

むら雨や見かけて遠き花樗 
白雄 「白雄句集」

夜芝居の小屋をかけたる樗かな
正岡子規 「子規句集」

栴檀の花そよぎつつ水の空
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。