若竹(わかたけ) 仲夏

【子季語】
今年竹、竹の若葉、竹の若緑
【解説】
初夏、地上に出た筍は、茶色の皮を脱いで新しい竹となる。ぐんぐん伸びてみずみずしい若葉を広げる。その年に生えたので今年竹ともいう。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
山がつのさかひになびく若竹のわかわかしくて世をや過ぎなん 藤原為家『夫木和歌抄』

*

若竹や竹より出て青き事
北枝 「草刈笛」

昼鐘や若竹そよぐ山づたひ
丈草 「雪月華」

若竹や烟のいづる庫裏の窓
曲翠 「類題発句集」

若竹やふしみの里の雨の色
闌更 「半化坊発句集」

わか竹や村百軒の麦の音
召波 「春泥発句集」

高きよりこの世へ影し今年竹
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。