葵(あおい、あふひ) 仲夏

tatiaoi【子季語】
葵の花、花葵、銭葵、蜀葵、立葵、つる葵、白葵、錦葵
【関連季語】
二葉葵
【解説】
『万葉集』以来、葵といえば立葵のことだった。ただ、京都の葵祭の葵は二葉葵、徳川家の「葵の御紋」もそうである。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
梨 棗 黍に粟つぎ 延ふ葛の 後も逢はむと 葵花咲く よみ人しらず『万葉集』
葵草照る日は神の心かは影さすかたにまづなびくらん 藤原基俊『千載集』
【科学的見解】
立葵(タチアオイ)は、アオイ科の多年草。庭や公園などに観賞用として植えられる。高さは二メートルほど。六月から七月にかけて、葉腋に短い花柄を持った大きな花をつける。花は下から順に咲きのぼる。花弁は五個で花径は十センチくらいになる。日本には、古くから薬用として渡来したといわれている。(藤吉正明記)

*

咲のほる梅雨の晴間の葵哉 
成美 「杉柱」

あふひ草かかるや賀茂の牛の角
言水 「一字題」

酔顔に葵こぼるる匂ひかな 
去来 「有磯海」

抱きおこす葵の花やさ月ばれ
蝶夢 「草根発句集」

日に動く葵まばゆき寝覚かな
闌更 「半化坊発句集」

葵草むすびて古きあそびかな
樗良 「樗良発句集」

明星に影立ちすくむ葵かな
一茶 「享和句帖」

鶏の塀にのぼりし葵かな 
正岡子規 「子規句集」

蜀葵人の世を過ぎしごとく過ぐ
森澄雄 「花眼」

コメントは受け付けていません。