百合の花(ゆりのはな) 仲夏

【子季語】
鬼百合、鉄砲百合、笹百合、姫百合、車百合、山百合、鹿の子百合、透百合、白百合
【解説】
百合は夏、ラッパ形の香り高い花を咲かせる。白に紅の斑がある山百合、黄赤に紫の斑がある鬼百合、花が大砲の筒のような鉄砲百合など、原種だけでも百種以上を数える。「ゆり」の語源は「揺り」で、「百合」の字を当てるのは、ゆり根の鱗茎の重なりあうさまからきている。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや 作者不詳『万葉集』
夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ 坂上郎女『万葉集』
【科学的見解】
百合は、ユリ科の球根植物の総称で、アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの北半球に広く分布する。地下に球状の鱗茎をもちそこから茎が伸びる。五月から八月にかけて一茎に一個または数個の花を咲かせる。ヤマユリは日本原産でおもに本州の山地に自生する。六片の白い花びらに赤い斑点が持ち、高さは百五十センチくらい。花は大輪で二十センチにもなり、強い香りを放つ。オニユリは、古く中国から渡来したものと考えられ、日本全国に広く自生する。六片のオレンジ色の花びらに黒い斑点を持ち、花びらは中ほどから外側へ反り返る。その他にも、在来種としてコオニユリ、ササユリ、テッポウユリ、スカシユリなどがあり、外来種や園芸品種も多数存在する。(藤吉正明記)

*

花をやれとかく浮世は車百合
宗因 「続境海草」

わすれ草もしわすれなば百合の花
素堂 「山口素堂句集」

百合の花折られぬ先にうつむきぬ
其角 「其角発句集」

飴売の箱にさいたや百合の花
嵐雪 「玄峰集」

ひだるさをうなづきあひぬ百合の花
支考 「喪の名残」

かりそめに早百合生けたり谷の房
蕪村 「蕪村句集」

偽りのなき香を放ち山の百合
飯田龍太 「山の木」

yurinohana

コメントは受け付けていません。