金蓮花(きんれんか) 三夏

kinrenka【子季語】
凌霄葉連、ナスタチューム
【解説】
花はノウゼンカズラ、葉は蓮に似た蔓性の花。五月から八月にかけて黄色、赤、橙色などのあざやかな花を開く。葉が蓮に似ている黄金色の花というところからこの名がある。
【科学的見解】
金蓮花(キンレンカ)は、ノウゼンハレン科の蔓性一年草で原産地は南米。高さ三十センチくらいになる。葉は蓮に似て互生し、茎はつる状に地面を這って伸びる。夏、葉腋から長い花柄を伸ばし、その先端に黄、橙、赤などの五弁の花を咲かせる。花径は四センチくらい。花は食用になり、サラダなどの彩の添えとして活用される。(藤吉正明記)
*

コメントは受け付けていません。