紅の花(べにのはな) 仲夏

【子季語】
紅花、紅藍花、末摘花
【解説】
染料や化粧品の紅の原料となる花。山形県最上地方が栽培地として有名である。古くは末摘花(すえつむはな)といい、源氏物語にも「末摘花」の巻が見られる。花びらから紅が取れるのでこの名がある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
『源氏物語』末摘花の巻
くれなゐの末咲く花の道深くうつるばかりも摘み知らせばや 藤原為家『夫木和歌集』
【科学的見解】
紅花(ベニバナ)は、キク科ベニバナ属の越年草(冬型一年草)。原産地はエジプトとされる。日本にはシルクロードを経て五世紀ごろに渡来したといわれている。高さは一メートルくらい。六月から七月にかけて枝先に花径三センチほどの頭状花をつける。花は、はじめ紅黄色でだんだんに赤くなる。葉には棘があり、茎を抱くように互生する。(藤吉正明記)

*

摘む女わが世をいのれ紅の花
言水 「柏崎八景」

眉掃きを俤にして紅粉の花
芭蕉 「奥の細道」

行く末は誰が肌ふれむ紅の花
芭蕉 「西華集」

鏡なき里はむかしよ紅の花
二柳 「眉の山」

神子村や椿の下の紅のはな
闌更 「半化坊発句集」

コメントは受け付けていません。