青木の花

aokinohanaあおきのはな/あをきのはな

晩春

ミズキ科の常緑低木で四月頃、えび茶色の小さな四弁の花をひら く。山地の樹間などに自生するが、日陰でも葉が弱らないので庭 木としてもよく植えられる。枝葉が青いところから「青木」の名がついた。冬には美しい赤色の実を結ぶ。

コメントは受け付けていません。