鋸草

nokogirisou
のこぎりさう

仲夏

羽衣草/西洋鋸草

キク科の多年草。比較的乾いた日当たりのよい山地の草原に自生するが、観賞用に栽培されるものもある。互生する細長い葉の綠は細裂し、鋭い鋸歯がある。茎は直立し、五十センチ~一メートルほどになり、五~九月頃頂に直径七~八ミリ程の白い小花が沢 山かたまって咲く。花は赤いものもある(セイヨウノコギリソウ)。

コメントは受け付けていません。