瓜(うり) 晩夏

【子季語】
瓜畑
【関連季語】
胡瓜、越瓜、甜瓜、西瓜、南瓜、冬瓜、夕顔、瓜漬
【解説】
瓜といえば、俵形の実。甘味のあるものも、ないものもある。代表的なものは真桑瓜(胡瓜)や白瓜のたぐい。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
「瓜食めば子ども思ほゆ 栗食めばまして偲はゆ いづくより来たりしものぞ 眼交(まなかい)に もとなかかりて 安眠(やすい)しなさぬ」山上億良『万葉集』
【科学的見解】
瓜は、ウリ科のつる性一年生植物を指し、マクワウリ、シロウリ、キュウリ、メロン、ユウガオ、ヘチマ、トウガン、スイカ、カボチャなどが含まれる。しかし、一般的に瓜といえば、真桑瓜(マクワウリ)を示す場合が多い。マクワウリ(マクワ)は、南アジア原産の外来植物で、メロンの一変種である。弥生時代の遺跡からも種子が発見されており、渡来記録の古い作物である。(藤吉正明記)

*

朝露によごれて涼し瓜の泥
芭蕉 「笈日記」

瓜の皮むいたところや蓮臺野
芭蕉 「笈日記」

山かげや身をやしなはん瓜ばたけ
芭蕉 「笈日記」

花と実と一度に瓜のさかりかな
芭蕉 「こがらし」

昔思へひとつ畑の瓜茄子
去来 「裸麦」

押しあうて瓜くふ顔や蚊屋の裾
許六 「正風彦根躰」

水桶にうなづきあふや瓜茄子
蕪村 「蕪村句集」

遠きより友こそ来けれ瓜むかん
召波 「夏より」

たそがれや蹠はなれし瓜の種
加藤楸邨「怒濤」

コメントは受け付けていません。