茄子(なすび) 晩夏

【子季語】
なす、長茄子、丸茄子、青茄子、初茄子、茄子汁、巾着茄子、白茄子、千生茄子
【関連季語】
茄子漬、茄子の鴫焼、しんきあへ、茄子の花、茄子苗
【解説】
茄子紺というとおり、光沢のある濃紺のひょっとこ形の実。広葉に隠れるように実り、つやつやとした皮が雨滴や露をはじく。茄子汁や焼き茄子、茄子の鴫焼、茄子漬など食べ方もさまざまある。初物は「初茄子」という。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【科学的見解】
茄子(ナス)は、ナス科の一年草として栽培されるが、熱帯では多年草。原産地はインドの東部。日本には平安時代に伝わったとされる。高さは一メートルほどになる。葉は大きな楕円形で、葉柄は長く先端部分はとがる。夏から秋にかけて、葉腋に淡紫色の花をつけ、その後紫紺の実を結ぶ。長茄子、丸茄子、一口茄子など果形、大きさはさまざま。花は千にひとつの仇がないといわれ、ほとんどが実となる。(藤吉正明記)

*

これやこの江戸紫の若なすび
宗因 「玉手箱」

めづらしや山を出羽の初茄子 
芭蕉 「初茄子」

苣はまだ青葉ながらに茄子汁 
芭蕉 「笈日記」

水桶にうなづきあふや瓜茄子 
蕪村 「落日庵」

だしで煮て冷ましてあるや初茄子
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。