蓮(はす) 晩夏

【子季語】
はちす、蓮の花、蓮華、蓮池、紅蓮、白蓮
【関連季語】
蓮の葉、蓮の浮葉、蓮の実、蓮の飯、蓮見、蓮根掘る
【解説】
仏教では涅槃の境地を象徴する神聖な花とされ、仏はこの花の上に座す。また、泥の中から伸びて美しい花を咲かせるところから、中国では聖人の花とされた。花が終わったあとの実床が蜂の巣に似ていることから「はちす」といわれ、和名の「はす」はそれを略したものである。実床の中の黒い実と地下茎(蓮根)は食用になる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
勝間田の池はわれ知る蓮なししか言ふ君が鬚なき如し 作者不詳『万葉集』
蓮咲くあたりの風もかをりあひて心の水を澄ます池かな 藤原定家『夫木和歌抄』
【科学的見解】
蓮(ハス)は、スイレン科の多年生水草。原産地はインドとされ、池、沼、水田などに栽培される。葉は扁円形で径は四、五十センチ。盛夏のころ、水底の泥の中から長い花茎を伸ばし、夜明けに、紅色、淡紅色または白色の多弁の美しい花を開く。れんこんとして一般に馴染みのある根茎は、節を多く持ち、先端が肥大する。食用以外に観賞用としても多くの園芸品種が作出されている。原種の近縁種としては、キバナハスが知られている。(藤吉正明記)

*

さはさはとはちすをゆする池の亀  
鬼貫 「大悟物狂」

雨の矢に蓮を射る蘆戦へり
芭蕉 「伝真蹟」

蓮の香に目をかよはすや面の鼻
芭蕉 「笈日記」

鯉鮒のこの世の池や蓮の花
許六 「正風彦根躰」

蓮の香や水をはなるる茎二寸 
蕪村 「蕪村句集」

戸を明けてに蓮の主かな
蕪村 「落日庵句集」

白蓮に人影さはる夜明かな
蓼太 「蓼太句集初編」

白蓮に夕雲蔭るあらしかな  
白雄 「白雄句集」

蓮の花咲くや淋しき停車場
正岡子規 「子規句集」

ほのぼのと舟押し出すや蓮の中   
夏目漱石 「漱石全集」

蒲の穂はなびきそめつつ蓮の花
芥川龍之介 「澄江堂句集」

舟道の桑名は蓮の花ざかり
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。