早苗(さなえ) 仲夏

【子季語】
玉苗、早苗束、余り苗、浮苗、早苗籠、苗運び、苗配り、苗打ち、早苗舟
【関連季語】
早乙女、早苗饗、植田、苗取
【解説】
稲の苗のこと。おもに、田植えのときの苗をいう。そのみずみずしさをたたえて玉苗という美しい呼び名もある。水を張った田に苗の束を投げ込むのを苗打ち、方々の田に苗を分けるのを苗配り、舟を使えば早苗舟などの子季語もある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
早苗とる山田のかけひもりにけり引くしめなはに露ぞこぼるる 源経信『新古今集』
【実証的見解】
さなえの「さ」は、早乙女の「さ」は、さなぶりの「さ」などと同様に、「田の神」のこと。

*

早苗とる手もとやむかししのぶ摺 
芭蕉 「おくのほそ道」

西か東か先早苗にも風の音
芭蕉 「信夫摺」

早苗にもわが色黒き日数かな
芭蕉 「泊舟集」

雨折をり思ふ事なき早苗かな
芭蕉 「木曽の谷」

里の子が燕握る早苗かな
支考 「続猿蓑」

山おろし早苗を撫て行方かな
蕪村 「蕪村遺稿」

翁さび媼さびたり早苗取る
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。