秋の灯(あきのひ) 三秋

akinohi【子季語】
秋灯、秋ともし
【関連季語】
灯火親しむ
【解説】
秋の夜に灯す明りのこと。長い夜を明りのもとで静かに味わい、語らい、書に親しむ。夜学や夜業のための明りでもある。

秋の燈やゆかしき奈良の道具市
蕪村 「蕪村句集」

行く舟や秋の灯遠くなり増る 
蕪村 「題苑集」

秋の灯や端居になれて草の色 
露月 「露月句集」

灯も秋と思ひ入る夜の竹のかげ
臼田亜浪 「旅人」

コメントは受け付けていません。