燈籠(とうろう) 初秋

tourou
【子季語】
盆燈籠、盆提灯、高燈籠、揚燈籠、切子燈籠、切子、折掛燈籠、折掛、軒、燈籠、花燈籠、絵燈籠、墓燈籠、舟燈籠、柳燈籠、燈籠見物
【関連季語】
盂蘭盆会
【解説】
盂蘭盆会に仏を供養するために燈す燈籠。種類や形はさまざまで、竿を立てて高く掲げる高燈籠、揚燈籠、軒に吊る切子燈籠、仏間を飾る絵燈籠、墓に置く墓燈籠などがある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

高灯籠ひるはものうき柱かな
千那 「猿蓑」

初恋や灯籠によする顔と顔 
太祗 「太祗句選後篇」

灯籠二つ掛けて淋しき大家かな 
正岡子規 「獺祭句帖抄」

この海の供養にともす灯籠かな 
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

祖母在ますごと灯籠を吊りにけり 
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

その中に蛾のをどりをる切子かな
長谷川櫂 「果実」

灯籠をもて灯篭を流しやり
高田正子 「玩具」
tourou

コメントは受け付けていません。