案山子(かがし) 三秋

kakasi
【子季語】
捨案山子、遠案山子、おどし
【関連季語】
鳥威し
【解説】
稻を鳥から守るため、田に立てる人形。人のかたちに似せて、藁などで作る鳥威の一種。
かっては、獣肉や魚の頭などを焼いて串にさし、田や畦に立てて雀などを追った。そこか
ら、「嗅がし」が語源とされる。
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。

*

水風呂の下や案山子の身の終
丈草 「炭俵」

終つる日に影さえうすきかがしかな
白雄 「白雄句集」

秋風のうごかして行案山子哉
蕪村 「蕪村句集」

立ながら往生申かかしかな
北枝 「草刈笛」

何某と言ひたさうなる案山子哉
智月尼 「たんとうぶん柞.原」
kakasi

コメントは受け付けていません。