鹿垣(ししがき) 三秋

【子季語】
猪垣
【関連季語】
鹿火屋
【解説】
鹿や猪などが、収穫した穀物を荒らしに田畑へ侵入してくる。これを防ぐため枝付きの木や竹を逆さに立てたり粗く組んだ垣を造ったりした。鹿(かのしし)は鹿垣と書き、猪(いのしし)の場合は猪垣と書く。「しし」とは獣のこと。鹿火屋は、鹿を追うための番小屋である。
【来歴】
『華実年浪草』(天命3年、1783年)に所出。

*

猪垣のむすびめきれて秋の風 
暁台 「暮雨巷句集」

鹿小屋の聲は麓ぞ庵の客
丈草 「射水川」

鹿小屋の火にさし向くや庵の窓
丈草 「続有磯海」
sisigaki

コメントは受け付けていません。