稲刈(いねかり) 晩秋

【子季語】
稲刈る、田刈、夜田刈、陸稲刈、鎌はじめ、早稲刈、中稲刈、晩稲刈、稲舟、稲車、刈稲、小田刈る、秋田刈る、収穫、稲刈鎌、稲刈機
【関連季語】
稲、稲干す、稲架、稲扱、籾、新藁、藁塚
【解説】
秋、熟れた稲を刈り取ること。昔は大勢が出て鎌で刈り取ったが、今は稲刈り機が主流である。田植と並ぶ農家の大きな仕事である。刈った稻からしんまいをとる。
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。

*

世の中は稲刈る頃か草の庵
芭蕉 「続深川」

みるうちに畔道ふさぐ刈穂哉
杉風 「句兄弟」

稲刈れば小草に秋の日のあたる
蕪村 「夜半叟句集」

落日が一時赤し稲を刈る
青木月斗 「改造文学全集」
inekari

コメントは受け付けていません。