藁塚 (わらづか)晩秋

【子季語】
藁にほ、藁ぐろ、藁こづみ、にほ
【関連季語】
稲刈、新藁
【解説】
稲穂から籾をとり、残った稲のを藁を塚状に積み上げたもの。棒を中心に円筒形にするなど、地方により様々な形がある。藁塚の藁は刻んで堆肥として利用したり、俵や縄などの藁製品に用いたりする。

*

道の端大藁塚の乗出せる
松本たかし 「松本たかし句集」
waraduka

コメントは受け付けていません。