木賊(とくさ)仲秋

【子季語】
砥草
【関連季語】
木賊刈る
【解説】
木賊は、青々として棒状に直立する。姿は竹に似て、はるかに小さく、茎は杉菜に似て、はるかに大きい。観賞用に庭園に植えられるほか、茎が充実する秋に刈り取って乾燥させ、研磨材や漢方薬に用いる。「研ぐ草」であることからこの名がある。
【来歴】
『滑稽雑談』(正徳3年、1713年)に所出。
【文学での言及】
能の『木賊』
とくさ刈るその原山の木の間よりみがき出でぬる秋の夜の月 源仲正『夫木和歌抄』
白き猫庭の木賊の日たむろに眼はほそめつつまだ現なり 北原白秋『雀の卵』
夕かげの木賊にうつる秋の蝶驚きて立ちまたとまりたる 北原白秋『雀の卵』
【科学的見解】
木賊(トクサ)は、トクサ科トクサ属の多年生シダ植物。本州中部から北海道にかけての山地に自生するほか、観賞用に栽培される。表皮にケイ酸が蓄積して硬化しものを研ぐことができる。地下茎が横に伸びて群生する。枝分かれしない茎は、直立して節をもつ。茎を煮て乾燥させたものが研磨材になる。現代でも漆器などの磨きに利用される。干した茎を煎じて飲むと目に効くとされる。止血剤、利尿剤などにも用いられる。(藤吉正明記)
*

ものいはぬ男なりけり木賊刈り
蓼太 「蓼太句集」
tokusa

コメントは受け付けていません。