秋思(しゅうし、しうし) 三秋

【子季語】
秋懐、傷秋、秋容、秋あわれ、秋さびし
【関連季語】
春愁
【解説】
秋になって、心に何かを感じたり思ったりをすることをいう。春は春愁といい、秋は秋思という。愁いに比べ、、思いは乾いた感じがある。

*

きぬぎぬに木艸の触れて秋思かな
松瀬青々 「倦鳥」

コメントは受け付けていません。