生身魂(いきみたま) 初秋

【解説】
お盆には、先祖の御霊を迎えるとともに、一家の長老を生きた御霊として祀る。今も蓮の葉にもち米飯を包み、刺し鯖を添えて贈ったり、物などを献じる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

生身魂酒のさがらぬ祖父かな
其角 「華摘」

生身魂畳の上に杖つかん
亀洞 「?野」

憂き我に誰々祭る生魂ぞ
白雄? 「白雄句集」

くづをれぬ老に仕えて生身魂
松瀬青々 「倦鳥」

生身魂七十と申し達者也
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。