燈籠流(とうろうながし) 初秋

【子季語】
流燈、流燈会、精霊流し
【関連季語】
盂蘭盆会、精霊舟
【解説】
灯をともした燈籠を川や海に流し、燈籠にのった祖先の霊をあの世へ送る行事。盂蘭盆会の終わる十五日、または十六日の夜に行われる。盆の供物や茄子の馬、魂棚の筵なども一緒に流す。板切れに蝋燭を立てた簡単なものから、箱に仕立てた大型の燈籠までさまざまある。
【来歴】
『世話盡』(明暦2年、1656年)に所出。

*

流燈の或は生簀に流れ寄る 
大谷句仏 「我は我」

燈籠のわかれては寄る消えつつも
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

かかる夜の風に燈籠流しかな
富田木歩 「定本木歩句集」

コメントは受け付けていません。