大文字(だいもんじ) 初秋

【子季語】
大文字の火、妙法の火、船形の火、左大文字、鳥居形の火、 五山送り火、施火
【関連季語】
盂蘭盆会、送り火
【解説】
盂蘭盆会の送り火で京都の盆行事の一つ。八月十六日の夜に行われる。東山如意が岳中腹に灯る「大文字」の火をいう。続いて北や西の山々に「妙」、「法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」と次々に点火され、三十分ほど京の夜空に赤々と浮かび上がる。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。

*

山の端に残る暑さや大文字
宋屋 「瓢箪集」

大もんや左にくらき比えの山
蝶夢 「根寝発句集」

銀閣に浪華の人や大文字 
蕪村? 「夜半叟句集」

大文字やあふみの空もただならね 
蕪村 「蕪村句集」

經を焼く火の尊さや秋の風
嵐雪 「杜撰集」

ともす火の光や妙の一字より 
何有 「新類題」

送り火の法も消えたり妙も消ゆ
森澄雄 「浮鷗」

今宵きて京に一夜や大文字
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。