子規忌(しきき) 仲秋

【子季語】
糸瓜忌、獺祭忌
【解説】
俳人、正岡子規の忌日。明治三十五年(一九〇二年)九月十九日脊椎カリエスにより没。三十五歳。
【実証的見解】
正岡子規は慶応三年(一八六七年)四国松山に生まれる。本名常規(つねのり)、幼名処之助(ところのすけ)のちに升(のぼる)。子規の号は明治二十二年に喀血してから。夏目漱石と親交を結び俳句、短歌、新体詩、評論、随筆など多彩な創作活動を行い、日本の近代文学に大きな影響を及ぼした。辞世の句は「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」「をとゝひのへちまの水も取らざりき」。これらの句から子規の忌日を「糸瓜忌」ともいい、雅号にちなんで「獺祭忌」ともいう。著書に『墨汁一滴』、『病床六尺』、『仰臥漫録』。 

*

このあたり草花折り来糸瓜仏
露月 「露月句集」

糸瓜忌や俳諧帰するところあり
村上鬼城  「ホトトギス雑詠選集」

子規忌すみあと話ゐる萩の雨
松本たかし 「石魂」

糸瓜忌や紫苑の雨の冷やかに
大谷句佛 「我は我」

その庭の荒びしままの子規忌かな
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。