渡り鳥(わたりどり) 三秋

【子季語】
鳥渡る、鳥の渡り、候鳥、漂鳥、朝鳥わたる、鳥風
【関連季語】
小鳥
【解説】
日本で冬を過ごすために渡ってくる鳥のこと。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【実証的見解】
渡り鳥には、夏鳥、冬鳥、旅鳥があり、夏鳥は日本で夏を過ごして繁殖活動を行う。おもなものに燕、大瑠璃、黄鶲、時鳥、黒鶫など。冬鳥は日本で冬を過ごす鳥で、おもなものに、鶫、真鴨、白鳥、真鶴、雁など。旅鳥は、夏、シベリアなどで繁殖して南方で越冬するため、日本を通過する鳥で、鴫や千鳥などがある。

*

雀らも真似して飛ぶや渡り鳥
一茶 「九番日記」

渡鳥雲の機手の錦哉
蕪村 「蕪村句集」

日にかかる雲やしばしの渡鳥
芭蕉 「渡鳥集」

故郷の今はかり寝や渡り鳥
去来 「けふの昔」

日は西に雨の木ずゑや渡り鳥
野坡 「野坡吟草」

時を今渡るや鳥の羽黒山
惟然 「菊の香」

柴売につれてや市の渡り鳥
支考 「渡鳥集」

山鼻や渡りつきたる鳥の声
丈草 「渡鳥集」

彼の森へこぼるゝ見ゆる渡り鳥
松本たかし 「松本たかし句集」

わが息のわが身に通ひ渡り鳥
飯田龍太 「百戸の谿」

コメントは受け付けていません。