明易(あけやす) 三夏

【子季語】
明易し、明やす、明早し、明急ぐ
【関連季語】
短夜
【解説】
夏の夜の明けが早いことをいう。科学現象としては短夜と同じだが、短夜は夜が短いことをいうのに対して、明易は、明け急ぐ夜を嘆く思いが増さる。春分を境に一日一日昼の時間が長くなり、夏至にいたってそれが最長になる。場所にもよるが、早いときで午前四時頃には白々としてくる。農作業などをするによく、早起きが楽しい頃である。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

足洗ふてつい明け易き丸寝かな
芭蕉 「真蹟拾遺」

象潟や苫屋の土座も明やすし 
曾良 「乞食嚢」

廻廊に夜の明けやすし厳島
涼菟 「八景集」

明け易き夜やすり鉢のたまり水
梅室 「梅室家集」

子鴉の細枝踏んで明け易し
大谷句仏 「我は我」

明易や吹き寄せられし島一つ
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。