春着(はるぎ) 新年

【子季語】
春衣、春著、正月小袖、春小袖、花小袖、松がさね、初重ね、若草衣、初衣裳
【解説】
女性や子どもが正月に着る晴着をいう。旧暦のころ、正月は春を迎えることであり、正月に着る春の着物が、春着そのものだった。
【来歴】
『滑稽雑談』(正徳3年、1713年)に所出。

*

老いてだに嬉し正月小袖かな
信徳 「五の戯言」

明けぼのの春早々に借着かな
一茶 「享和句帖」

誰が妻とならむとすらむ春着の子
日野草城 「銀」

コメントは受け付けていません。