羽子板(はごいた) 新年

?【子季語】
胡鬼板、はご
【関連季語】
追羽子
【解説】
正月の遊びの一つ。ムクロジという黒い木の実に鳥の羽根をつけた羽子を板で突く。複数で羽を突き合うのが追羽子または遣羽子。ひとりで数え歌を口ずさみながら突くのが揚羽子と呼ばれる。古くは胡鬼板と呼んだ。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【実証的見解】
古くはこぎ板と言い、蚊よけのまじないであった。宮中のことを記録した『看聞御記』(室町時代)に公卿や女官が羽根つき(こきの子勝負)をしたとの記録がある。江戸時代には邪気よけとして女子に羽子板を贈るようになり、「歌舞伎」の役者絵などをあしらうようになった。

*

つくばねや擬宝珠をとぶ牛若子
西鶴 「東童」

羽子板や唯にめでたきうらおもて
嵐雪 「雀の森」

やり羽子は風やはらかに下りけり
支考 「犬註解」

羽子板の一筆書きや内裏髪
召波 「春泥発句集」

羽子板の判官静色もやう
松本たかし 「松本たかし句集」

門前に羽子板の金銀と湧き
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。