帚木(ははきぎ) 晩夏

【子季語】
地膚木、箒草、庭草、真木草、地膚
【解説】
箒の材料となる草。生えている状態も、箒に似てこんもりとしている。晩夏、黄緑色の小花をつける。その実は「とんぶり」と呼ばれ食用になる。
【来歴】
『俳諧大成新式』(元禄11年、1698年)に所出。
【文学での言及】
「帚木の心を知らで園原の道にあやなく惑ひぬるかな『源氏物語』帚木巻
【実証的見解】
帚木はアカザ科ホウキギ属の一年草。原産地は中国。高さは一メートルくらいで、根本から多数枝分かれし、披針形の柔らかい葉で覆われる。夏、黄緑色の小花を穂状につけ、秋に食用になる実をつける。葉は、秋に赤く色づく。

*

箒木の四五本同じ形かな
正岡子規 「俳句稿」

箒木や一ツたちたる雲の峰
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。