夏草(なつくさ) 三夏

【子季語】
夏の草、青草
【関連季語】
草いきれ
【解説】
夏に生い茂る草のこと。抜いても抜いても生えてくる雑草や、山野をおおう青芒、萱のたぐい。炎天下、強い匂いを放ち、雨が降らなくても枯れることもない。生命力ある草々である。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。
【文学での言及】
夏草のあひねの浜の牡蠣貝に足踏ますなあかして通れ 軽大郎女『記歌謡』
このころの恋のしげけく夏草の刈りはらへども生ひしく如し 作者不詳『万葉集』

*

夏草や兵共がゆめの跡
芭蕉 「奥の細道」

石の香や夏草赤く露暑し
芭蕉 「曾良旅日記」

夏草に富貴を飾れ蛇の衣
芭蕉 「酒堂宛書簡」

夏草や所々にはなれ駒
闌更 「闌更 半化坊発句集」   

夏草に身をほめかれて旅の空  
鬼貫 「鬼貫句選」

夏草に松の木やせる岡辺かな 
曽良 「続別座敷」

夏草に狩り入る犬の見えぬなり 
召波 「春泥発句集」

夏草や立ちよる水は金気水
一茶 「御桜」

夏草や野武士が持てる馬の数  
大魯 「蘆陰句選」

朱ケの月出て夏草の鋭さよ 
川端茅舎 「川端茅舎句集」

コメントは受け付けていません。