真菰(まこも) 三夏

【子季語】
菰、花且見、勝見草、真菰草
【関連季語】
真菰の花
【解説】
夏、水辺に青々と生い茂る。蘆のように丈が高い。蘆に似ているが、蘆よりも水深の深いところに生える。その葉で菰筵を作ったので、真菰という名がある。
【来歴】
『俳諧御傘』(慶安4年、1651年)に所出。
【文学での言及】
真菰刈る淀の沢氷雨降れば常よりことに増さるわが恋 紀貫之『後撰集』
真菰刈る淀の沢氷深けれど底まで月の影は澄みけり 前中納言匡房『新古今集』
【科学的見解】
真菰(マコモ)は、イネ科マコモ属の多年草で、在来植物として日本各地の水辺に自生する。高さは二メートルにもなり、葉の長さは五十センチから一メートルくらい。地下茎が水底を這って群落をつくる。蘆と同じような条件で群生するが、足よりも水深の深いところで生える。雌雄同株。花序は茎の先端に円錐状につく。花序の上部には雌花の小穂がつく。地下茎は「菰角(コモヅノ)」といって甘味があり、白鳥や菱食などに食べられる。また、植物体内に菌類が寄生し茎が肥大化したものを「真菰茸」と呼び、昔から食用にされてきた。さらに、その肥大化した部分は、成熟すると菌類の黒い胞子が生産され、それを「真菰墨」としてお歯黒や鎌倉彫などの漆器の塗料として利用されてきた。(藤吉正明記)

*

水深く利鎌ならす真菰刈
蕪村 「蕪村句集」

コメントは受け付けていません。