黴(かび) 仲夏

【子季語】
青黴、毛黴、黒黴、白黴、黴の香、黴の宿、黴煙、黴の花、黴拭ふ、黴る
【解説】
梅雨時の高温多湿に乗じて発生する菌の一種。食べもの、衣類、畳、壁など、何にでも発生する。鬱陶しい長雨の季節を象徴するものであるが、味噌醤油の製造に欠かせない麹黴やペニシリンを作る黴など、有益なものもある。
【科学的見解】
カビ類とは、アオカビ、コウジカビ、ケカビなどのように、「かびる」現象を起こす微生物をさす。大部分のカビ類は、細胞が細長く縦につながって糸のような形をしており、これを菌糸という。生殖は、胞子を形成して無性的に繁殖するものと、両親となる二つの菌糸が融合し接合胞子を形成する有性生殖とがある。(藤吉正明記)

*

黴の宿頭上に橋の音すなり
久米三汀 「返り花」

徐(おもむろ)に黴がはびこるけはひあり
松本たかし 「火明」

黴の中言葉となればもう古し
加藤楸邨「山脈」

きりもなく黴の湧きくる机かな
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。