立秋(りっしゅう、りつしう) 初秋

【子季語】
秋立つ、秋来る、秋に入る、今朝の秋、今日の秋
【解説】
二十四節気の一つ。文字どおり、秋立つ日であり、四季の節目となる「四立」(立春、立夏、立秋、立冬)の一つ。この日から立冬の前日までが秋である。新暦の八月七日ころにあたる。実際には一年で一番暑いころであるが、朝夕の風音にふと秋の気配を感じるころでもある。
【文学での言及】
秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる 藤原敏行『古今集』
【実証的見解】
二十四節気の一つで、新暦では八月八日ころにあたる。この日から立冬の前日までが秋になる。立秋は、一日だけではなく、処暑の前日までの約十五日間をさす。立秋の始まる日は「節入りの日」と呼ばれる。

*

はりぬきの猫もしる也今朝の秋
芭蕉 「書留」

秋たつやはじかみ漬もすみきつて
来山 「今宮草」

そよりともせいで秋たつ事かいの
鬼貫 「七草」

弓張りのちらりと見えて秋立ちぬ
許六 「正風彦根田躰」

秋たつや白湯香ばしき施薬院
蕪村 「蕪村句集」

秋たつや何におどろく陰陽師
蕪村 「蕪村句集」

秋たつや宵の蚊やりの露じめり
几董 「井華集」

初秋の大きな富士に対しけり
星野立子「句日記Ⅱ」

けさ秋の伊豆のみえたる机かな
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。