新涼(しんりょう、しんりやう) 初秋

【子季語】
新たに涼し、初めて涼し、秋涼し、秋涼、涼新た、初涼、早涼
【解説】
秋に入ってから感じる涼しさのこと。「涼し」だけでは、夏の季語となる。夏の暑さの中で感じられる涼しさではなく、「涼しく過ごしやすい季節」になってきたことをいう。
【来歴】
『俳諧御傘』(慶安4年、1651年)に所出。
【文学での言及】
秋来ぬと思ひもあへぬ朝けよりはじめて涼しせみのはごろも 花園院『新拾遺集』

*

秋涼し手毎にむけや瓜茄子
芭蕉 「奥の細道」

秋涼し蘭をもつれの解るほど
野坡 「野坡吟艸」

新涼や寺町かけて人通り
松瀬青々 「妻木」

新涼や豆腐驚く唐辛子
前田普羅 「普羅句集」

新涼やおきてすぐ書く文一つ
星野立子「春雷」

新涼やはらりと取れし本の帯
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。