秋澄む(あきすむ) 三秋

【子季語】
空澄む、清秋、澄む秋
【解説】
秋の澄んだ大気をいう。この時期、大陸上空の乾燥した冷たい空気が流れ込むため、遠くまで澄みわたる。目に映るものだけでなく、ものの音も澄んで響くように感じられる。

*

水涼し秋澄む関のかざり鎗
蓼太「蓼太句集三編」

秋澄むや獅子狩葡萄文錦
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。