秋気(しゅうき、しうき) 三秋

【子季語】
秋気澄む、秋の気
【解説】
冷やかに澄む秋の空気をいう。唐の詩人柳宗元の詩「 秋気南澗二集ヒ、独リ遊ブ亭午ノ時」よる季語とされる。

*

水郷に漕ぐ波に近き秋気かな
志田素琴 「山萩」

コメントは受け付けていません。